<第二次護憲運動と政党政治の確立>
[政党政治の確立]

A 原内閣後の政治
 1 高 橋是清(政友会)=ワシントン会議

・原が暗殺された後、高橋是清が政友会総裁になってピンチヒッターで首相になる。専門学校を 大学に昇格させる問題で閣内不統一となって総辞職した。

    (以後、政党内閣中断=超然内閣)
 2 加 藤友三郎(海軍)=軍縮実施

・後継首相は元老が指名する。山県は死んでいるので、この時の元老は松方と西園寺の み。政友会内閣が人気がなかったので、憲政会の加藤という考えが浮上。しかし、松方はワシントン会議に出席した加藤友三郎を首相にしようと考えた。

Q1 どうして加藤なのか?

A1 ワシントン会議の後始末である。海軍の軍縮が必要なため、海軍のトップを持ってきた方がきちんと実行できる。

・政友会は引き続き内閣を保てると思っていたが、この事態のため、加藤友三郎に接近し て閣外協力することになる。
加藤友三郎内閣はシベリア撤兵と軍縮を実施し、戦艦「安 芸」「薩摩」以下14隻を廃棄するが、首相が病死して総辞職となった。

 3 第2次山本(海軍)=関東大震災(cf)朝鮮人大虐殺)、

・引き続き海軍の内閣とし、山本権兵衛が就任する。一週間後に関東大震災に見舞われる
・200人の朝鮮人が武器を手にして来襲とか、爆弾を投げ歩いているとか、井戸に毒を入れているというデマが出る。普段差別していたため、恨みを晴らしに 来るという憶測から出たもの。警察でも朝鮮人来襲を触れて廻ったため、騒ぎが拡大し、これに社会主義者やロシアの革命勢力も加担という話になる。
・政府としては、民衆暴動が怖い。朝鮮人や社会主義者を敵にすれば、自分たちは逃れられるという読みから、意図的にデマを流したという説もあるが確証はな い。しかし、警察がデマに加担したのは確か。
・荒唐無稽の話、朝鮮人だけでそれだけの騒ぎを起こそうとすれば、どれだけの人間が必要なのか。どうやって震災の混乱時に連絡を取り合えるのか。
・住民は女子供を逃がし、男は武器を持って集合して自警団を結成した。尋問して言葉がおかしいとか、「君が代」を歌わせたりして、不審であれば朝鮮人であ れば殴る蹴る。東北出身者で訛りがあるため、暴行を受けた人も多かった。
・亀戸警察だけでも数百人の朝鮮人が逮捕されて殺される。朝鮮人大虐殺事件と 呼ばれ、総数は6000人ともいう。

    虎の門事件

・大正天皇は脳病にかかり、おかしな行動をするようになる。国会の開会の時に詔書を巻 いて覗く事件が起きる。このため、後の昭和天皇が摂政として仕事を代行し た。
・1923年12月27日、国会の開院式に出席するための摂政が狙撃される虎の門事件と いう。ステッキ式仕込み銃が使われた。お召し自動車の窓を破るが摂政は無事。難波大助25歳が犯人。親は衆議院議員だが、小作人に冷酷だったことから、金 持ちに批判の目を向けた。大学に進学するために上京して貧民窟に住み、実状を見て社会主義に入る。しかし、貧しい人たちも天皇を崇拝しており、皇室尊崇の 念を打破しなければ社会主義は実現しないとして反抗におよんだ。
・大逆罪で裁く。大審院で一回限り。大助が罪を悔いて摂政のはからいで無期に減刑というシナリオ。しかし、「やったことは正しく、支配階級が天皇を利用し て貧しい人を圧迫しようとしたからやった」と述べて2日後に死刑にされる。
・父親は議員辞職、小学校時代の校長も責任をとって辞職。山本内閣は摂政に 対して申し訳ないことをしたと、総辞職。

 4 清 浦奎吾内閣(山県ライン、貴族院中心内閣)

清浦 奎吾は枢密院議長で75歳。西園寺はワンポイントの選挙管理内閣のつもりで任命したらしい。山県直系の官僚で、陸海外相以外は貴族院から選ぶ。
・清浦は普通選挙は実行しない方針。464議席中、278議席を持っていた最大会派の政友会は、協力を求められる。与党になって次をねらうか、野党として 戦うかの選択を迫られる。ここで政友会は分裂してしまう。 130人は政友会を名乗って野党となり、脱党した148名は政友本党として清浦を支持した。

B 第二次護憲運動 1924
   護 憲三派=憲政会(←同志会)、政友会、革新倶楽部(←旧国民党)の倒閣運動
    「普選断行」「貴族院改革」要求
   →解散、総選挙で護憲三派圧勝

「普 選断行」「貴族院改革」を求めて野党共闘が実現。清浦は議会 解散で臨む。結果は憲政会101→151、政友会129→105、革新倶楽部43→30に対し、政友本党149→109で護憲三派が圧勝。清浦は国会運営ができなくなって総辞職。第一党の憲政会総裁・加藤高明が組閣することになる。憲政会は長い間、 普通選挙実施を掲げていたのが支持された。

   ∴三 派連立内閣(加藤高明)結成

・連立内閣=憲政会→若槻内相、浜口蔵相。政友会→高橋農商務相。革新倶楽部→犬養逓 相。外相に幣原、陸相に宇垣。

※以後、政党政治確立(憲政の常道)

・第一次護憲運動では民衆運動を組織して内閣を打倒した。政党は民衆の力を利用したの であり、政党と民衆の考えは同じだった。これに対し、今回は政党の幹部中心であるのが特徴である。
・官僚は、普通選挙は階級闘争を激しくすると考えていたが、政党は、ある程度の妥協をしないから激しくなると考えて普通選挙を実施した。しかし、民衆運動 は階級闘争を激しくするものとして警戒していたため、今回は組織しなかったのである。すなわち、政党と民衆との間には、微妙な亀裂が生じてきていることに なる。

[加藤高明内閣(憲政 会)]

・美濃部達吉は「梅雨が明けて日が出てきたようなもの」と評す。しかし、階級闘争を抑 えることを考えていたのであり、本当の意味での政治の民主化を進める意図はなかった。

   大衆の権利の拡大と抑圧
A 普 通選挙法実施 1925
   男子=25歳以上に選挙権、30歳以上に被選挙権
   女子=選挙権なし
    財産制限の撤廃で有権者4倍へ

・普通選挙には枢密院と貴族院が抵抗した。被選挙権を30歳以上に引き上げ、親から経 済援助を受けているものを欠格とするなどの修正がされたが、とりあえず財産 制限は撤廃されている。有権者は330万人→1250万人。4倍となる。
女性選挙権はなし。英米は1920年頃には認めていたが、 仏伊は認めていない。特に日本だけ遅れていたということではないかもしれない。

  but大衆運動、共産主義の拡大の恐れ
Q2 共産主義拡大の恐れは、ある国と国交を開設したからである。どこか?

A2 ソ連である。

    cf)日ソ基本条約(国交樹立)(1925)→無産政党の国会進出の恐れ

・初めソ連は世界革命を目指していたため、資本主義国は警戒してた。しかし、この頃に は一国社会主義の理論を採択し、世界革命の実現より国内を固めるというよう に路線を転換している。このため、資本主義諸国も警戒を緩め、貿易による利益確保のため、国交開設の動きが出てきた。1924年にはイギリスがソ連を承認した。
・ソビエト代表のヨッフェが孫文に接近し、中国革命を応援するとした。中ソの提携は日本にとって好ましくない。先手を打ってソ連と国交を開設し、ソ連領へ の経済進出をねらった。また、いつまでも北樺太を軍事占領しているわけにもいかなかった。
・1924年、カラハン・芳沢会談で北樺太からの撤兵を条件に国交樹立。 北樺太の石油・石炭開発権を獲得した。
ソ連と国交を結べば社会主義者が自由に日本に入ってくる。 これは日本の社会主義者を元気づけ、選挙で当選することも予想される。

B 治安維持法 1925
   共産主義革命運動の弾圧

・3月19日、普選法の10日前に成立した。無政府主義者、共産主義者が活動すること に対し、歯止めをかけようとするもの。「国体変革」と「私有財産制」を否認 することを目的とする結社組織は10年以下の懲役。それまでは、共産党を作っても治安警察法で禁固10カ月以下だったのですごく強化されて いる。
・健全な労働運動、社会運動を取り締まるものではないとする。

    but後に自由主義思想弾圧に利用

・治安警察法は、結社などの具体的な行為を制限したものだが、治安維持法は「国体」変革という思想の取り締まり。しかも、「国体」は 何を指すのかが曖昧なため、濫用を恐れる声が出る。例えば、天皇制打倒は国体変革であろうが、天皇の諮問機関である枢密院改革は国体変革もなるかも知れな い。実際に拡大解釈されて自由主義思想も弾圧される。
・田中内閣は1928年、最高刑を死刑にし、1941年には予防拘禁制度が導入される。罪を犯す恐れがあるという者もとっつかまる。

※大正末〜昭和初期の政党
   政友会=三井・地主の利益代表、積極財政、強硬外交

政友 会の支持基盤は地主であり、財閥では三井であった。地主という地方の実力者は、地元の利益誘導を優先に考える。政友会は鉄道建設などで人気取りをする 必要があり、積極財政となる
三井は在華紡績資本として中国に資本を投下している。中国 市場確保のためには列強との関係がまずくなったとしても、中国への強硬外交 を展開することになる。政友会は軍閥に乗っ取られたのでこの傾向が強くなる。

   憲政会=三菱・資本家の利益代表、緊縮財政、協調外交

憲政 会の支持基盤は資本家であり、財閥では三菱だった。都市の人間は地方へのバラマキには反対する。緊縮財政は物価を引き下げる効果がある。円安に誘導することで輸出を増やせる。
・都市の資本家は工業原料の輸入をきちんとおこないたい。列 強と事を構えて経済封鎖でもされたらたいへん。協調外交がよい

     ∴超然内閣、大衆運動に反対するブルジョア政党
       →政争に明け暮れ政治不信招く

・このようにみてゆくと、戦前期の政党は金持ちの利益を代表するものだったことがわかる。労働者の利益という視点がないのである。それまで、選挙は金持ちに限ら れていたのであるからこれは当然。小選挙区制なので二大政党制と なり、それ以外の政党ができたとしてもなかなか食い込めない。
・地主と資本家では考え方が違う。それを代表する正反対の考えの政党が交互に政権を担当したため、政策に一貫性がなくなる。権力争いのため、お互いに足を 引っ張り合う。
・国民不在の政権争いと映り、政治に対しての不信感が募った。これもファシズムの背景である。


目次に戻る   トッ プページに戻る

Copyright(C)2006 Makoto Hattori All Rights Reserved