<豊臣秀吉の政治>
[幕藩体制の萌芽]

・秀吉の政策は江戸時代の政治体制を作り出すものであり、重要である。ここで中世と近 世が分かれる。

A 太閤検地(天正の石直し)(1582〜)

・山崎の戦いの直後から実施している。初めは指出。1598年に死ぬまで毎年実施。

   役人派遣による全国的検地 cf)従来=指出検地(土地台帳提出)

・それまでの検地は指出。不正があれば厳罰に処したが、自主申告でごまかしができた。
・直接測量かどうかは不明だが、規則を定めて役人派遣の元で実施し ている。1590年、北条氏滅亡によって全国一斉に検地を実施。1591年、太閤となった年の検地が10カ国におよぶところから太閤検地と称している。

Q1 全国的検地の際、統一すべきものは何か?。

A1 度量衡である。度量衡統一は全国政権だからできる。

・検地帳には次にあげる事柄が記載されている。

 1 面積
    1間=6尺3寸(190僉法■永癲瓧唄峪擁、1畝=30歩
    1反=10畝、1町=10反 (1反=300歩←360歩)
Q2 もともと1反は何歩だったか?。360歩1反と300歩1反では、農民にとって はどちらがきついのか?。

A2 年貢は反あたりで取る。360歩1反が300歩1反になったことで、狭いところから今まで道理の米を年貢で出すので増税になっている。

 2 土 地等級
    上・中・下・下々の4等級
    標準収穫量(石盛)上=1石5斗、中=1石3斗、下 =1石1斗、下々=9斗

石盛 は標準収穫量だが、機械的に割り付けられる。

 3 石 高(収穫高)
    面積×石盛 ∴年貢高=二公一民→石高の2/3 cf)京枡への統一

貫高 から石高へ変化。石高をするためには枡を統一することが欠かせない。それまではできなかったので、現米で納めさせるにしても銭に換算してい た。秀吉は京枡を全国標準の枡にしている。
二公一民で年貢をとる。徴税高に応じて軍役を課した点は同 じ。

 4 耕 作者
    実際の耕作者=年貢負担責任者
     cf)荘園制=領主−名主(−下人)−作人
           →領主−作人 の関係に一元化(一地一作人の制)
     ∴名主(地侍)の処置=家臣団編入or一般農民

・秀吉は前年の年貢を納めた者を耕作権保持者として認める。中には地侍でもあった有力名主がいるが、これについては家臣団に編入して城下町に移住させ る。それを拒否する者は農民身分とする。

B 刀 狩令(1588)
   一般農民の武器没収(一揆の防止)

太閤 検地で農民にされた地侍層が、そのまま武器を持ち続けていたらまた農民を組織して一揆を起こす可能性がある。諸国百姓が刀、脇差、弓、鉄砲を持つことを禁 ずる。没収武器は大仏殿建立の釘にするので、来世まで百姓の福利になると説いた。

    →兵農分離の実現
     cf)身分統制令(1591)=武士・農・商間の身分固定

社会 が安定しなかったのは、農民でもあり、武士でもある中途半端な者が存在していたからである。これをなくして身分制が固定する。
・農民は、検地によって耕作権を認められることにより、地侍たちに中間搾取される心配がなくなる。兵隊で駆り出されることもないし、自分の土地を取られな いですむので歓迎する向きもあった。

※幕藩体制の基本構造の成立

[秀吉の対外政策]
A バテレン追放令(1587)

・秀吉は当初はキリスト教に対しては友好的。ガスパル・コエリョに中国を攻めて中国人 を全てキリシタンにすると言って喜ばせる。また、日本人の半分はキリスト教徒になるとも言う。
・九州のキリシタン大名の支配地の状況を見て驚く。長崎は勝手にポルトガル領とされ、社寺破壊も相次いでいた。コェリョに対してキリシタンによる社寺破 壊、日本人を奴隷としてインドに送ることについて詰問している。天下人である秀吉は、キリシタン大名が神という秀吉の統治理念以外のものに服していること が問題だった。自分以外の絶対的存在があるとまずいのであ る。

   キリスト教布教を禁止、宣教師の国外追放、長崎教会領没収

・宣教師は20日以内に国外退去。

    ∵キリシタンの団結恐れる 
Q3 キリシタンの団結力についても恐れる。日本に類似の宗教があったからであるが、 何か?。

A3 一向一揆は「進むは極楽、退くは地獄」として抵抗し、阿弥陀の浄土をこの世で実現しようとした。キリシタンがこれと同じになる可能性。

       cf)一向一揆
    →サン・フェリペ号事件(最初のキリシタン殉教事件)(1596)

・1596年、スペイン船サン・フェリペ号が土佐に漂着。秀吉に保護を求める。水先案内人が失 言。「スペインは宣教師を送り込んで信者を増やし、次に軍隊を送って征服する」。地球儀でスペイン領の大きなことを示す。
・秀吉はスペインのフランシスコ会宣教師6人を逮捕。京都、大坂の日本人の修道士や信者20人をつかまえて長崎に送り、4000人の目の前で磔にした。最初のキリシタン殉教事件である。しかし、殉教者は聖人となるため、血 の付いた服を奪い合ったり、血の滴った砂を持ち帰ったりしたため、よけいに警戒される。

   but南蛮貿易は保護=宣教師の密入国続く

南蛮 貿易は保護していたため、宣教師の密入国は続き、徹底はしなかった。

B 対 外貿易の拡大(朱印状による渡海許可)

・1588年に海賊取締令を出し、1592年、堺や京都の豪商の出す商船には朱印状を渡して渡航許可。

   秀吉の征服欲、貿易による利潤の重視
    ∴ルソン、高山国、ゴア、朝鮮への入貢要求

・権力を獲得すると、自分を中心に世界をまわそうとする。この小中華思想に基づき、日本中心の東アジア秩序を作ろうと、インド副王、ルソンのポルト ガル政庁、台湾などに入貢を促す。

Q4 一番に貿易をやりたい相手国はどこか?。

A4 明である。しかし、朝貢をする気はない。

     cf)日明貿易の再開も期待
    but朝鮮の入貢拒否→武力による服属迫る

朝鮮 は明の属国だったので、入貢と明との仲介を求める。朝鮮は拒否。

C 朝鮮侵略
 1 文 禄の役(壬申倭乱)(1592)
    肥前名護屋を本拠に小西行長、加藤清正ら15万の兵派遣

・肥前名護屋に築城して渡海の基地とする。9番隊までに分けて渡海。15万の大軍を出す。

     →漢城、平壌占領

・1592年4月12日、釜山攻撃。5月3日、漢城を落とす。鉄砲の威力の前に朝鮮軍は壊滅。
・大勝の知らせに対し、秀吉は北京に都を移し、天皇をここに移すことを計画。その後はインド攻略に着手という大風呂敷を広げる。6月15日には平壌を占拠 する。
・至るところで略奪。韓国に行くと、多くの文化遺産が「壬辰倭乱」の被害に あっていることを知る。
・恩賞のためには首を取る必要がある。日本であれば、首を取ったら髪をほどいて帯に結んで次と戦ったという。1つ10キロもあるので、2つも取れば動けな くなる。朝鮮では首を送れないので耳を切ったり鼻をそいだりした。竹編みの樽に入れて塩漬けにして日本に送る。10万人分。中には子供や女性のものも多数 含まれていた。これは耳塚に埋める。方広寺鐘銘事件の銘文のあまりに小さいのと耳塚の巨大さは対照的。虐殺が繰り広げられたのは確か。
製陶技術者を連行したことも有名。有田焼の祖になってゆ く。強制連行者は5〜6万とされる。

   but朝鮮民衆の抵抗、明の援軍、李舜臣の活躍で後退

李舜 臣が登場して亀甲船を使って日本船を撃破。制海権を取られる。鉄板張りの装甲船で初歩的な大砲を撃つ。冬になって食糧はなくなり、明も援軍を出す。朝鮮民衆のゲリラ戦が展開。

     =講和

・沈惟敬と小西行長とで講和。二人とも早く戦乱を終結させたかった。小西は「旧規を復 して和親を結ぶ」と提案。これを沈は勘合貿易を復活して秀吉を日本国王に封じるこ とと諒解した。
・沈が名護屋に来着。秀吉は講和条件として、(1)明帝の娘を皇妃に迎える。(2)勘合貿易復活。(3)朝鮮南部割譲などを要求。沈は驚くが、明帝には秀 吉は入貢して和を結びたいと言っていると報告した。

   (but日明貿易再開されず不満)

明帝 は日本の謝罪と撤兵を条件に秀吉を日本国王に封じることにした。謝罪文は小西が偽造している。
・明帝から日本国王に封ずる使いが来て国書を読むと秀吉は激怒す る。

 2 慶 長の役(丁酉倭乱)(1597)
    14万の兵派遣

・1597年、14万で攻撃。李舜臣はねたまれて投獄されていて、日本が制海権を取 る。

    but戦局悪化、秀吉の死で撤兵

・明軍が来着し、舜臣が獄から出てきて活躍すると日本は守勢。飢饉もあって厭戦気分が 拡大。秀吉の死で撤兵する。

※莫大な戦費と人員費やし失敗=豊臣 政権の経済力、大名統制力の弱まり

目次に戻る   トッ プページに戻る

Copyright(C)2006 Makoto Hattori All Rights Reserved